中部保全(株)トップページ
機密文書の処理
資源化工場「Ecoプラザ」
再資源化の流れ
廃棄物収集運搬業
廃棄物中間処理行
飲料水貯水槽清掃業
配水管清掃業
浄化槽保守点検清掃業
最新情報
会社情報
環境方針
会社概要
許可指定種目
営業種目と器材・設備
所有車両について
最近の業務実績
お問い合わせ
個人情報保護方針
 
浄化槽保守点検清掃業

地域の水環境を守るため、浄化槽の維持管理を行っています。

公共水域の衛生的な環境づくりのために、浄化槽はなくてはならないものです。その浄化槽も保守点検や清掃などの定期的な維持管理を行うことで、本来の機能を発揮します。維持管理には、専門的な技術が必要です。
弊社は現在、岡崎市、幸田町、蒲郡市、安城市、知立市、東郷町、以上6つ地域の自治体から許認可を取得し、良好な水環境づくりの一役を担っています。


保守点検
保守点検とは、浄化槽が正しく機能しているかどうかを検査し、常に良好な状態に維持しておくためのものです。機械の点検、水質の検査、モーターの点検などを行い、状況に応じて適切な機械の調整や消毒薬の補給などを行います。

法律で以下のようなことが定められています。

浄化槽の処理方式などによって、毎年定められた回数を保守点検をする。
保守点検の記録は3年間保存する。


浄化槽保守点検作業の流れ
浄化槽の清掃
浄化槽は微生物の力で、し尿や生活雑排水をきれいにするもので、浄化の過程で汚泥が沈殿します。適正に浄化槽を使用するために、定期的にその汚泥を取り除きます。併せて、附属機器類の洗浄、清掃などを行っていきます。
清掃の回数については、浄化槽法で年1回以上の実施が義務づけられています。また清掃の記録を3年間保存する必要があります。
当社は、浄化槽清掃業の許可を『岡崎市』、『蒲郡市』及び『幸田町』で受けています。
 

Copyright © 2005 ChubuHozen. All rights reserved.