中部保全(株)トップページ
機密文書の処理
資源化工場「Ecoプラザ」
再資源化の流れ
廃棄物収集運搬業
廃棄物中間処理行
飲料水貯水槽清掃業
配水管清掃業
浄化槽保守点検清掃業
最新情報
会社情報
環境方針
会社概要
許可指定種目
営業種目と器材・設備
所有車両について
最近の業務実績
お問い合わせ
個人情報保護方針
 
飲料水貯水槽清掃業

貯水槽の水質を厳しく見守り、衛生管理に努めています。

水垢や鉄錆、泥等がたまりやすい貯水槽。スズメやゴキブリの死骸が浮いていることも珍しくありません。そうした不衛生をさけるために、ビル管理法・水道法に基づいて、年1回以上の内部清掃が義務づけられています。
中部保全は、最新の専用車を使ったハイクオリティな洗浄、厳しい水質のチェック、報告書の作成までトータルにサポートしています。


主に、3階建て以上のマンションの飲料水が自己管理の対象です。
水道水を一旦受水槽で受けた後、ポンプで屋上の水槽に送る圧力タンクを用いた受水槽式給水。これは3階建て以上のマンションによく採用される方式です。この場合、給水している水道水の衛生面は、マンションなどの建物の設置者または管理者ご自身の責任になっています。

主に決められている管理内容です。
年1回以上の定期的な水槽の清掃
→通常は、専門業者に委託することになります。
水槽の点検と改善
水質の管理
→色・濁り・味・臭いに異常がないか、残留塩素が基準値以下なのかを確認します。
年に1回、厚生大臣指定検査機関の検査を受けます。


報告書の作成まで責任をもって行います。
中部保全は専門業者として、下記のような徹底した安心プロセスで飲料水の安全を守っています。
 

(1)事前打ち合わせ
入念な打ち合せを行い、ビルのタイプ、所用時間、費用等に応じて、作業方法を決定していきます。

 
 
(2)現場調査
作業に完全を期すため、貯水槽本体からその周辺まで、安全面や衛生面を調査します。

 
 
(3)トラブル防止
断水をする場合は、作業時間をなるべく短縮します。その時には、入居者の方への事前通知をお願いしています。

 

(4)作業の実施
槽内を洗浄し、次亜塩素酸ナトリウム溶液を用いて消毒。滅菌状態に仕上げます。
 
(5)水質の検査
貯水槽を満水にした後、残留塩素の測定と給水栓の末端で水質検査を行います。
 
(6)清掃報告書の作成
清掃前後の写真、実施記録である作業報告書を提出して完了。この作業報告書は管理責任者の方が、3年間保存が必要なものです。

最新技術がつまった「貯水槽清掃専用車(H.P.C方式)」の洗浄方法

 
貯水槽清掃には、必要な諸機能をコンパクトにまとめた専用車を使用。洗浄から消毒まで衛生的かつ効率的に槽清作業を実施しています。
 
(1)排水
高性能な自給式ポンプ、真空装置を使い、槽内の水を短時間で排水します。

 
(2)洗浄
専用の洗浄剤でブラッシング。その後、高圧水で洗浄し、汚水を真空装置て完全に吸引します。

 
(3)消毒
次亜塩素酸ナトリウム溶液の濃度を定量ポンプで調整し、高圧洗浄機によって噴射消毒します。
 

Copyright © 2005 ChubuHozen. All rights reserved.